sapporotaq's blog

元札幌。今は福島を拠点にロードを楽しんでいます。ブルベが好み

新野地温泉ー鬼面山ー箕輪山

前日にお誘いの電話があり、おニューのシューズのチェックも兼ねて参加してまいりました。不相応なのは重々承知なのですが、試着したらくるぶしのサポート感が抜群で、下りで良く足をひねるので、これは良いと思いました。でも完全に予算オーバーでしたので、海外通販で手頃な値段でゲットしました。

f:id:sapporotaq:20180622231926j:plain

8時頃に新野地温泉にある登山口から入りました。いつも自転車で入口があることは気づいていたのですが、実際に入るのは初めてです。すぐに結構厳しい登坂。しばらくすると高圧線の鉄塔のために開けた場所があります。この辺りからウラジロヨウラクがたくさん咲いていました。

さらに進むと次第にサラサドウダンが増えてきます。今回はサラサドウダンが素晴らしかったです。白っぽい色からかなり赤色の強い(ベニサラサドウダンか?)までが咲いていました。サラサドウダンのトンネルのようになっている場所もあり、なかなか見頃です。

f:id:sapporotaq:20180624092109j:plain

鬼面山は火山岩がゴロゴロしている急峻な登りがありました。植生も貧弱になります。

f:id:sapporotaq:20180624101846j:plain

ここからまた急峻な坂を下って箕輪山に向かいます。

途中で見かけた真っ赤なウツギ。そしてハクサンシャクナゲ

f:id:sapporotaq:20180624102953j:plainf:id:sapporotaq:20180624102947j:plainf:id:sapporotaq:20180624105943j:plain

下界は30度を超しているようですが、ここにはまだ雪渓が残っていました。

f:id:sapporotaq:20180624112226j:plain

ここからもう少し登ると頂上でした。鬼面山から箕輪山のルートは、箕輪山に入ってからは道が滑りやすく、下りで3度も尻餅をついてしまいました。

f:id:sapporotaq:20180624123032j:plain

絶景でした。本当に。360度見渡せます。

4湖が見える場所なんですねー。感動しました。

f:id:sapporotaq:20180624123007j:plain

靴は軽くて良かったです。足の捻挫もありませんでした。

 

 

出張deランinオスロ4

メトロ五番の終点にSognsveien湖があります。そこまで行って、湖一周とそのあと宿まで。9.8キロ。足が重いです。出張の時しか走らないのが良くないのは分かってはいるのですが。

きれいな場所でした。

f:id:sapporotaq:20180621144352j:image

 

出張deランinオスロ3

技術博物館までバスで行き、そこから川沿いに、下ってみました。8.8キロ

気持ちの良いコースでした。

f:id:sapporotaq:20180621102151j:imagef:id:sapporotaq:20180621102201j:image

 

 

出張deランinオスロ2

8.4キロ

楽をしてホルメンコレンのジャンプ台まではメトロ。そこから下り基調で走りました。

f:id:sapporotaq:20180620113359j:image

メトロとは名ばかりでずっと陸上。さらに山を登ります。

f:id:sapporotaq:20180620113451j:image

オリンピックも行われた場所です。とにかく景色が素晴らしい!

f:id:sapporotaq:20180620113542j:image

下り始めたら自転車のみならず、ランで登ってる人ともすれ違いました。すごい。

こっちの人達は皆さんペースが速い

 

出張deランinオスロ

10.5キロ

久しぶりのランなので身体が重い。でも初めての街は楽しい。

彫刻公園の、港を走ってきました。

f:id:sapporotaq:20180618172557j:imagef:id:sapporotaq:20180618172603j:image

f:id:sapporotaq:20180618172623j:image

 

 

飯豊本山(3/3)

最終日は切合小屋から一気に三国小屋を経由して登山口まで降ります。日の出は最高!!

f:id:sapporotaq:20180610041840j:plain

途中の剣ヶ峰はすっかり霧に覆われていました。ここは本当に危ない場所ですね。今回も後ろを歩いている方が危うく滑落するところでした。前後にいた、自分ともう一人の方で腕を掴んで引っ張り上げましたが、体半分は崖の下に落ちていました。

f:id:sapporotaq:20180610082755j:plain

でも、花はたくさん。

ミツバオウレンシラネアオイ、ハクサンチドリ(斑入りと普通の)

f:id:sapporotaq:20180609083759j:plainf:id:sapporotaq:20180609101157j:plain

f:id:sapporotaq:20180609102422j:plain

素人の自分を周りの皆さんがサポートしてくださり、本当に楽しむことが出来ました。

ハマるな。これは

 

お土産は途中で見つけた古銭。文字がはっきりしていて状態の良いものでした。

f:id:sapporotaq:20180610174333j:plain

 

 

飯豊本山(2/3)

2018年6月9日

本当は本山小屋で宿泊の予定だったのですが、遅れ気味だったので、雲が厚くて切合小屋での宿泊でした。夜中2時くらいいに目が覚め、外のトイレに行きました。なんと快晴。素晴らしい星空。天の川が見えました。でも朝にはすっかり雲に覆われてしまったのですが、それでも日の出を楽しめました。

f:id:sapporotaq:20180609042646j:plain

雨と霧に加えて風が強くて難儀しました。ここからまずは雪渓を登り進みます。草履塚を越えると御秘所。

f:id:sapporotaq:20180609064015j:plain

来て良かったです。高山植物が咲き乱れていました。

雪割草、オヤマノエンドウ、イワカガミ、そして一面のハクサンイチゲ

f:id:sapporotaq:20180609065019j:plainf:id:sapporotaq:20180609065328j:plainf:id:sapporotaq:20180609065424j:plainf:id:sapporotaq:20180609102506j:plain

姥権現様にご挨拶をして本山を目指します。

f:id:sapporotaq:20180609065820j:plainf:id:sapporotaq:20180609080317j:plain

ここから頂上はすぐでした。

f:id:sapporotaq:20180609082303j:plain

当初予定の大日岳は断念し、昼過ぎには切合小屋に戻り宴会と相成りました。