読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sapporotaq's blog

元札幌。今は福島を拠点にロードを楽しんでいます。ブルベが好み

2013年を振り返りつつ2014年を迎える

本拠地を札幌から福島に移しました。単身赴任のため、休日はこれまでになく走ることが出来ました。2013年の自転車にまつわる10大ニュースです。

 

1 福島県内の走れる国道制覇(ほぼ)。厳しい坂が多かったですがほぼ走りきりました。道外から来られた方が北海道の山道を丘だと言っていた理由を身にしみて理解しました。9%当たり前。10%、12%さらに厳しい坂がそこら中にありました。自分の体だと11%を超すと本当に後ろから引っ張られているような気がしたものです。来年はもっと鍛えたいです。

 

2 ニューバイク投入。マイナーなバイクが欲しいのと、ちょっとホライゾンたるな感じなバイクが欲しかった事、さらにチタンフレームにしたかったということで、オランダのVan Nicholasという会社から個人輸入。2012年10月に発注したのに届いたのは年を越していました。納品遅れでトラブル。ホイールなどに納品ミスがあり、先方とさらにかなりトラブりました。結局はかなり値引き(返金)をしてもらい矛を収めましたが、ちょっと残念。

 

3 渋峠失敗。草津温泉手前80km程度のところの菌原湖からの下りで前タイヤのパンク。落車した際に左足付け根を強打して、歩けなくなりました。自転車は乗れるというのが皮肉な感じでしたが、剥離骨折程度で住んだおかげで助かりました。国道最高地点を目指していたのですが、途中の金精峠1865mが今年の最高到達点でした。

 

4 福島ー山形に向かう閉鎖された道路を走ったおかげで罰が当たりました。通行禁止の場所は通ってはいけません。当たり前です。道を間違った上に、藪の中を自転車を担いで歩かなければならなくなった上に、ようやく自転車にのれるような場所になり、しばらく走ったら地面の水苔で滑り地面に叩き付けられました。おかげでヘルメットにヒビが入ってしまい、入手して二度ほどしか利用していないウェアまで破けてしまいました。

 

5 南相馬の野馬追を見学に行った帰りに、わざわざ人里離れた細い山道を選んで走っていたら踏んでしまった小枝がチェーンに挟まりチェーンがはずれてしまいました。チェーンを直したのは良いのですが、きちんと動作確認をせずに踏み込んでしまったら、プーリーが突然ふっとんでしまいました。どうもプーリーの所でもチェーンが外れていたようです。プーリーが1つになってしまったので、チェーンを短くしてピスト状態でとりあえず走れるようにして戻りました。さらに途中でスポークが折れてしまい、これはブレーキに干渉するので、ブレーキを開放して何とか家まで帰りました。

 

6 1人400km 黒磯から走り始めて南会津に入り、只見から新潟県境まで向かい、そこから会津の山道を走って南福島まで。真夜中に昭和から山道を選んで会津坂下に向かったのですが、かなり怖かったです。道も狭いし、真っ暗だし、野生動物がうろちょろしているし。。。途中、道ばたで仮眠をとったのですが、しっかり休める場所を探しておくべきでした。

 

7 初めてのナイトラン in 福島 真夏の金曜の夜だったのですが、仕事が終わって帰宅するとあまりの暑さにクーラーをつける気もおきませんでした。そのまま涼みに自転車で出かけたのですが、勢いで300km。途中で川内村辺りでは、川沿いに走っていると川から水に何かが沈むような大きな音が。??そのまましばらく走っているとまた同じ音が横から。これはまさか河童?こんなところにそんな話は聞いた事無いよなと思っていたのですが、しばらく走って行った先に看板があり、何と河童伝説!!あれは河童だ。夜中の2時に川内村を走るときは気をつけましょう。

 

8 会津ブルベトライアル 今年は結局正式なブルベを一つも走れませんでした。その中でトライアルで開催された会津ブルベ200は楽しかったです。知り合いの方も走られており、さらに新たな知り合いも増えました。やっぱりブルベは楽しいですね。今年は何本かは走りたいです。

 

9 宮城1000のスタッフ スタッフとしての参加でした。見ていると走りたくなります。みんなの苦しんでいる顔がまたいいんですよね。

 

10 車無しでの単身赴任 何とかなるものでした。確かに天気が悪いときとか、疲れているときは時々車で通勤したくなりましたが、乗り切りました。買い物も何とかなりますね。渋峠失敗の後、一度だけタクシーを使いました。

 

2014年はもう少し計画的に予定を考えてブルベにも参加したいと思います。